13 June

JAZZMASTER その1


 

 
 半年、いや一年程かかっただろうか、一本のエレキ・ギターを組み上げた。写真のジャズマスターである。特にこのギターが欲しかった訳ではないが、長年ギターを弾いていると、使っていないパーツがどんどん増えてきて、それらをこのまま眠らせたく無いと思ったのが最初の動機だ。他愛も無い改造で外してしまったものや、楽器店の在庫処理で安売りされていたものを、いつか使うかも、という動機で購入し結局使っていないもの等等。ピックアップもかなりあったのだが、これらは動作も問題ないし、型番もはっきりしているので、オークションに出してしまったが、ピックガードとかパネルの類いやポットなんかはいちいちそんな事もやってられず、保管したままだったのだ。

 個人的にはいわくつきのギターではある。元はフェンダー・ジャパンのジャズマスター。31年前に購入したものだ。フェンダージャパンのジャズマスターに詳しい方(がいるのか?)であれば、ピンと来るかも知れない。フェンダー・ジャパンのジャズマスター発売はウィキペディアによると1986年。これはそれ以前のものということになるのだが、確か、新星堂ROCK INNか三鷹楽器発注のモデルでJVシリアル、今となってはちょっと珍しいモデルである。まあそれがほぼ新品の中古で格安だったこともあり、試奏はそこそこに購入してしまった。当時、ジャガーを使っていたという事もあり、同じようなボディシェイプもやはり持っていたいと思った訳だが、私の当時のエレキギターの知識はあまりにも貧弱で、何かとても弾きづらいのだが、その理由を知るまで少し時間がかかった。そう、スケールが違うのだ。それはもうどうしようもない事だが、やはり音の不満も募ってくる。そして購入してわずか半年程で改造計画を立てる。このぴっかぴかの塗装は分厚いポリだと勝手に思い込んでいたので、剥がして塗り直すことにした。試しに剥離剤を塗ってみたら、いとも簡単に剥がれてしまった、という事はラッカーだったんだ、と気づくが、時遅し。まあフェンダーのサンバーストはそんなに好きでは無いので、まあ良いか、と作業を続け、メタリック系のラッカーを吹き付けた。そして、弾いてみたが、まあ変わらず。中域レゾナンスの弱点は構造的なのものも災いして、改善はされるはずも無い。そして、当時大好きだったブリンズリー・シュワルツ(ギタリスト・個人名)の改造ジャズマスターを見て、これだ、と走った。もちろんまねっこはしたく無いので、フロントのハムバッキングは模倣して、リアはこの際思いきってテレキャスターのものにしてみた。当時リペアマンだった友人が私のわがままを聞いてくれたのだ。その後も時折使っていたが、釈然とせず、結局ストラトキャスターをよく使う事になる。

 だが、どういう訳か当時参加していたミスター・クリスマスというバンドのライヴに改造ジャズマスターを持っていった。昔の小滝橋通り沿いの新宿ロフトだ。この頃のこのバンドは音楽性の転換期でなんとなくメンバー間がささくれだっていたのだが、それがステージにも見事に反映されて、ハチャメチャなステージで私はそのギターをフロアに叩き付け見事に割った。ステージを降りて、ああやってしまったと後悔したのだが、先の友人のリペアマンがすぐに直してくれた。3ピースボディの一つが見事に欠けてくれたおかげで接着も容易かったのだ。とは言え、このギターをその後ステージでのスペアで持ち出す事はあっても使う事は無かった。

 それから大分時が経って7〜8年前、フェンダーUSAの60年代のジャズマスターのボディをオークションで格安で手に入れた。まあいつか使うだろうと気軽に入札したのだが、落札してしまった、というのが正直なところだ。USA60年代のボディといっても証拠は無いが、アルダー2ピースのボディは先のジャパンのバスウッド3ピースに比べれば、叩いた響きも断然に良かった訳だが、即組み上げなかったのは、無精の所為でもある。

 これまた、ちょっとした不良品で安価だったジャズマスター用のアノダイズド・ピックガードもいつか使うだろうとおもって購入したのだが、その、いつかって何時だよ、なんて思いはじめ、昨年ようやく組み上げに着手した。まず、ボディの塗装剥がしから始まった。アノダイズドの色と合わせるとちょっと鮮やか過ぎるダフネ・ブルーだったが、試しに紙ヤスリをかけてみたら、5分くらいでボディの10分の1くらいははげてしまったのだ。その時はどの色にしようか考えていなかったのだが、今にして思えば、半年くらい紫外線にあてていれば、案外良い具合に退色していたかも、とも思わない訳ではないが、これは計画性の無さだな。

 暇を見つけては牛歩で作業していたのだが、ちょっと忙しくなると1〜2ヶ月は何もしない状態でほったらかしになっていた。が、これではいつまで経っても出来んぞ、と一念発起したのが、半年くらい前。ようやく塗装を剥がし、色を思案しはじめた。そして、練習とばかりにフルアコのヘッドの塗装をしてみたのだ。その練習はやはり役に立った。塗料の相性というものがよく分かった。そのフルアコのヘッドは仕上げの段階まできて2回もミスをした。油性ニスに油性クリアーが駄目だったのだ。

 なので、今回は塗料の選定からよく考えてみた。先のフルアコの着色は刷毛でやったのだが、刷毛でも良いブラシを選び、研磨をきちんとすれば、スプレー程フラットでは無いが、思ったより刷毛痕は残らない。なにせ、塗料が無駄にならないのが良い。薄いグレーか薄いソニック・ブルーに決めたのだが、なかなか理想の色の塗料が無い。という事で交ぜて作る事にしたのだが、交ぜるとなれば水性が手間がかからず、調合具合もいろいろ試しやすい。しかし、クリアーは油性スプレー。(今回はものを無駄にしないことが第一なので、新たに買い揃える事はできるだけひかえたかったのだ)このあたりはインターネット上の情報が役に立った。同一メーカーでクリアーだけが油性というメーカーを見つけたのだ。いささかファンシーなのだが、バターミルクペイント。ホームセンターに行ってみると”古き良き”アメリカのイメージたっぷりの色種がそろっている。なんとかブルーとなんとかホワイトを購入し試しに調合してみる。本当にミルクの匂いがし、かなり着色性は強いが、石灰が入っているので、薄く塗らないとギターにはあまり良くないような気もしたが、そこは研磨だ。まず油性サンディングシーラーをちょっと厚塗りして研磨アンド研磨、、。そして乾燥は念入りに3週間。念には念をいれ、テスト用の棒切れも同じように処理をしておく。そして、そのテスト用の棒に着色し一週間程様子を見る。サンディングシーラーとバターミルクペイントの相性は問題無さそうだ。そして着色。いとも簡単に塗れる、発色も良いが、塗りは1日片面一回にしておく。このあたり仕事が立て込んでいたが、塗装作業はたかだか10分だ。塗装に焦りは禁物だという事は先のフルアコでよく分かっていた。都合下地の白1回、着色は全体で3回塗り、また2週間程乾燥。全くもってマットで黒板ならぬ青白板という趣だ。そして研磨アンド研磨アンド研磨、、。このあたりは1日30分程の作業で1週間かける。そして油性のクリアースプレーにはいるのだが、まず同じ色にしたテスト棒にクリアを吹く。メーカー明示の乾燥時間30〜40分の倍の80分をまって2回目を吹く。そしてまた一週間様子見。もしこの時点で問題が発覚したら、バターミルクの油性クリアーにすれば良いのだ。が、問題無し。そして1日2回のクリアー吹きだが1日おきにボディサイドやカッタウェイ部分エンドピン部分も吹く。これを一週間続ける。都合14度塗った訳だが、見た目案外薄い塗装だ。もうすこし吹こうかとおもったが、丁度スプレーが終わり、今回のコンセプトではここで止めるのが筋だと思った。そして、10日間乾かす。天候の良い日が続いたのも幸いだ。そして研磨アンド研磨アンド研磨アンド研磨、今回は水研磨とコンパウンド。だが、コンパウンドでちょっと失敗、というか、もうちょっと吹こうか、と思ったクリアーはやっぱりやっておけば良かったかな、と思ったがもう遅いし、そんなに鏡面にしたくも無かったので、ほどよいレリックと思う事にした。早速パーツをつけたいところだが、まだブリッジの選定、ネックの仕込みやキャビティの銅箔なんか考えるとちょっと途方に暮れたが、梅雨前に塗装が終わりホッとして、もう一週間くらい置く事にした。


00:27:23 | skri | No comments | TrackBacks

11 January

フルアコ


 年末からフルアコの調整。ボディをざぐり、フロントP90ドッグイアーのマウントを1.5mm下げ。調子悪いペグを交換しようとしたら、ペグ穴周辺が凸凹だった。思い切って、ヘッドの塗装をはがし、再塗装に取りかかる。オイル・ステイン2回〜ヤスリがけ〜再びステイン2回〜ヤスリがけ〜サンディングシーラー1回〜ヤスリがけ〜再びサンディングシーラー1回〜ヤスリがけ〜そして、ようやくニス1回目。 

 刷毛塗りは難しいけど、面白い。

 塗りは乾燥と磨きが重要ですな。

 
01:45:59 | skri | No comments | TrackBacks

26 March

ギターの話


 たまには、ギターの話でも。と言うのも、下の記事のエピフォン DR 500RAのピックガードがはずれてしまったのだ。正確に言うと、自分ではずしたのだが、数日前からピックガードの糊(両面テープ)が弱くなって来たのか、片隅を爪にひっかけるだけで浮き上がる。今日、どんな塩梅か確かめてみたら、ピックガードの半分くらいまで剥がれつつある。で、そのまま少し力を入れたら、綺麗に剥がれてしまったのだ。傷1つ着かなかったが、ちょっとした日焼けの水着跡みたいなルックスになってしまった。ところが、弾いてみると1,2弦の音の太さは以前より増していて、少し驚いた。が、フラットピックでのブルーグラスっぽい弾き方は、ピックガード有りの方が良かった様にも思えた。これくらいのセルロイドの板(厚さ0.5mmくらいか)でも、やはり結構な影響なのだ。

 ところで、このギター、実は弾かずに購入した。一年半程前、ヤフーオークションで安価だったのだ。現在のエピフォンのアコースティックギターでは、最高位のマスタービルトシリーズのなかでもクラスの高いものである。昨今の中国生産の楽器の品質向上の噂は良く耳にしていたし、定価は十数万だが、オークションでは5万円でおつりが来るとあらば、と思い、入札し手に入れる事が出来た。

 さして弾きこまれた様子は無く、ほぼ新品同様だったが、オール単板で、流石にでかい音がする。ピックアップはついていないのでライヴで使った事は数えるほどだが、その時の何人かの共演者にも、音でかいね、と言われた。が、艶に欠けていた。と言うか、良く鳴る木の箱、という感じだ。

 なので、調整に出した方が良いか、と考えたが、いろいろ使っているうちに、ちょっと待てよ、という気持ちになった。

 弦高は6弦12フレットで3mmを少し越えていた。昨今、この高さはちょっと高め、だと言われるが、10年ほど前のマーチンのマニュアルでは適正弦高ではある。エレキに比べれば、ハイポジションは弾きにくいが、Gラン(調べてね)はむしろこれくらいの方が良いし、ボトルネックもまあまあ使いやすく、チューニングをオープンDもしくはモーダルDにすると、0.2〜3mmほど弦高は下がる。

 という事は、ギターとして、そこそこ適正になっているのではないか、と感じたのだ。むしろ、ここで弾きやすくするより、もう少し弾き、鳴らし、木が楽器になる為に時間をかけた方が良いのかと思った。

 もちろん、1〜2ヶ月じゃあ何の変化も無い。が、家に居ればほぼ毎日弾く。

 これは、私流のやり方だが、ピッチがかなり気になるまで弦は変えない。このギターは少なくとも半年は変えなかった。あの新品弦のタッチのギラギラが好きではないのだ。その代わり、弦が古くなってもフラットピックでブルーグラス的な弾き方を練習していた。最近はクレイトンの1.2mmのピックが古い弦でも輪郭がぼやけず、気持ちが良い。

 ツアーに出たりして、このギターを数日弾けない時は、弦を少しだけ緩めたりした。そして、今年の最初にトラスロッドを10度ほど締めた。それだけで弦高は0.7〜8mm下がったが、指板はほぼ真っすぐになり、安定して来たようだった。

 で、先週、弦を変えた。間違って、フォスファーブロンズを張ってしまったのだが、問題はなかった。サスティンは増してきた。その分、艶らしいものも感じる様になり、すこし変化を感じた。

 先日の録音を聴いてみたら、結構良い音で鳴っていた。エンジニアのKさんの力も大きいが、ラス・バレンバーグの音に少しは近づいたか。尤もバレンバーグはブルーグラス界では珍しくギブソン愛用者だけど。

 そんなわけで、Youtubeでラス・バレンバーグを検索したら、数年前のトランスアトランティックセッションで、エピフォンの同じシリーズの違うモデルを弾いているではないか。(AJっていうギブソンタイプだったと思う)

 ただ、このギターの悪い話も少し聞く。先述のピックガードが剥がれてしまった事にも共通するが、ブリッジが剥がれてしまった話は幾つか聞いた。ギターになる前の拒絶反応みたいなものか。中国生産の向上とは言え色々な面での急ピッチの歪みであろう。

 が、素材は良いし、育てる価値はある、と思った。さて、ピックガードどうしようかな。


 

02:51:43 | skri | No comments | TrackBacks

22 March

パッチケーブル


 ツイッターでの情報ですが、アコースティック・ギターの巻弦をパッチケーブルにすると、案外良いとの事です。

 http://twitpic.com/1a6kjk

 こりゃ、簡単。今度試してみよう。

01:15:00 | skri | No comments | TrackBacks

26 September

Martin F-65


 レッスン生の一人がMartin F-65を手に入れた。私のGT-75の前タイプのモデルで作り自体はGTより全然良い。早速、弾かせてもらうとネックの握りがとてもしっくり来る。マーチンのそれと同じ感じだ。Fホールも微妙に細やかでかわいらしい。ただ、かまえてみると分かるが、ネックが長く感じるのだ。12フレットの位置が通常より3センチ程は体の右側に位置しているように思える。70年代のグレッチに近い。なれればどうという事も無いかも知れないが、私がもっていた70年代のグレッチはボディの大きさも手伝ってあまりなじむ事は無く、結局、処分してしまった。F-65はその点軽いし、ボデイもさほど大きく無いので、克服出来る事を祈ろう。

 

 
 あと残念だったのが、ピックアップ。これは正直ちょっともう寿命かな。同じピックアップを探すのも、修理するのも予算がかなりかかってしまうが、それでも直して使って欲しいギターなのだ。

23:43:00 | skri | No comments | TrackBacks