11 September

レコード千夜一夜 第二回 1976 プレイリスト



随分時間が経ってしまいましたが、今月15日の第三回の予告をかね、前回6月の「桜井芳樹のレコード千夜一夜 - 第二回」プレイリストをまとめました。

桜井芳樹のレコード千夜一夜 - 第二回 1976

●オープニング
1. Marshall Tucker Band / This Ol' Cowboy (1974)
当時のFENで初めて聴き探し求めた曲。変形のルンバ・ビートとの拡大解釈も出来なくは無いが、多分ウエスタン・スイングの影響。2拍4拍の裏にキックが入り、フィルは必ず6連、繰り返すことによる魂の注入方法。フィドルはノンリバーブ、リードギターは走り、リフ、フルートの有機的なヘッドアレンジがジャケットの市井感とともに最高のサルーン・バンドを感じさせるが、これは他の彼らのアルバムにはあまりない親近感なのだ。

●図書館、音楽雑誌、クラスメイト、レコード屋
2. Michel Polnareff / Fame a la Mode (1975)
FM雑誌で大きく取り上げられていたポルナレフのアメリカ録音。イントロ一瞬リズムの少しのよれがあるが、逆にこのショー仕立ての楽曲の演出には悪く無い。当時のフランスでは出来なかったことをやりたかったんだろうな。曲中の喋りはルイス・フューレイ。エンドのトランペット・ボイスのポルナレフはお見事。

3. Humble Pie / Earth & Water Song (1970)
クラスメイトのT君に聴かせてもらったピーター・フランプトン。奇しくも同時期ハンブルパイのライヴ盤を図書館で借りていたのだった。”ビアズリー・アルバム"から、フランプトンの曲。彼は何故その後トーキング・モジュレーターを使ってみたのか、この曲を聴くとなんとなく頷ける。

4. Eagles / Journey of Sorcerer (1975)
そのT君が積極的に押して来たのがイーグルス。この曲は『呪われた夜』収録のインストだが、このアルバムでのバーニー・レドンの貢献には目を見張る。既に大げさなアメリカーナ。バンジョーのクロウハンマーにストリングス。フィドルはデヴィッド・ブロムバーグ。

5. Tom Rush / Rockport Sunday (1968)
私がギターを弾き始めた頃のバイブルとなった「ライト・ミュージック増刊号」。アメリカのフォークやブルースのアコースティック・ギターの大特集でその後数年に渡って、フラット・ピッキングやスリー・フィンガーやラグタイムやブルースに取り組む教本でもあったのだ。何せジョン・フェイフィにインタビューまで載っている。この雑誌で知ったフェイフィと並ぶアメリカン・プリミティヴ・ギタリスト、ブルース・ラングホーンの素晴らしい演奏はトム・ラッシュ作のインスト。

6. Chistine McVie (Perfect) / What You Say (1970)
T君はどちらかと言うと私よりはポップな音楽が好みだったようで、他にはフリートウッド・マックやELOもよく聴かせてくれた。ダニー・カーワン追悼でクリスティーン・マクビーの最初のソロアルバムから。

7. Steve Miller Band/ In My Dark Hour (1969)
スティーヴ・ミラー・バンドの「Fly Like an Eagle」も最初はT君経由だったけど、ラジオでよくかかりましたな。これはFly Like〜同じようなリフを使って、ポール・マッカートニーと二人で完成させた曲。まだこの時点ではミラーのロックのツボはマッカートニーに惑わされている。

8. Stephen Stills / Wooden Ship (1975)
まだギターを買う前に金町のワカナ堂というレコード店に行ってはギターを眺めていた。店員に一声かけないとおいそれと触れる代物ではなく、本当にただただ学校帰りに見ていただけだった。このワカナ堂、少ないけれど輸入盤も扱っていて、当時『イリーガル・スティルス』が入ったばかりであったが、ニュー・ミュージック・マガジンで中村とうよう氏が貶していて、買わなかった。暫く経って図書館で借りたCSN&Yのベスト盤が気に入り、中でも好きだったこの曲を。ここではスティルスのライブ盤から。

9. Janis Ian / I Would Like to Dance (1976)
図書館にはサルサのレコードが少なく無かった。当時国内盤で結構発売されたのだ。ニュー・ミュージック・マガジンで紹介されたものはかなり借りられた。そんな中この1976年にジャニス・イアンがサルサアレンジの曲をやっていて、これがラリー・ハーロウとオーケストラ・ハーロウのアレンジと伴奏。ドラム入りだが、ティンバレスはそれなりに目立つもミックスはカラオケっぽく残念。

●ブルース、ミッドナイトマガジン
10. Luther Allison / The Bum is Mine (1976)
当時のニュー・ミュージック・マガジンはFMで番組を持っていて、夜中の放送だが、よく聴いていた。それがミッドナイトマガジンでDJは中村とうよう氏。ルーサー・アリソンのこのアルバム『ナイト・ライフ』が新譜紹介でかかったのはよく覚えている。ギターソロは押弦とスライドを使い分けていて面白い。ザ・ブルース誌ではかなりの酷評だったが。

11. James Cotton Band / Goodbye My Lady (1976)
これもザ・ブルース誌で賛否両論だったジェイムズ・コットン・バンドのライヴ盤より。私は大好きなライヴ盤。キックが多めなのはちょっと目をつぶるとしよう。マット・マーフィー追悼。

12. B.B.King / Summer in the City (1972)
この1976年ジョン・セバスチャン「Welcome Back」の大ヒットでラヴィン・スプーンフルを知る。そのヒット曲のカバー。アルバム『Guess Who』より。その前のアルバムでレオン・ラッセル「ハミングバード」をカバーしているのだが、これがなかなかマイナー短三度の音がシャープしていて、要するにブルーノートの感覚で歌っているのだ。この曲はしっかりマイナーになっており、これが後の「スリル・イズ・ゴーン」のヒットに繋がるのではないか。ジョー・ザガリノ、プロデュース。

●ラスト・ワルツ小特集
13. Ringo Starr / This be Called a Song (1976)
1976新春のレコードバーゲンでザ・バンド『カフーツ』とボブ・ディラン&ザ・バンド『偉大なる復活』を購入。偶然デパートBGMで耳にした「ライク・ア・ローリング・ストーン」の知らないバージョンに打たれたのだ。奇しくもその年の晩秋にラスト・ワルツ。その映画の最後の方に少し出てくるリンゴ・スターのアルバムからエリック・クラプトンが書いた曲。ビートルズとデラニー&ボニーと足した感じだが、何故かスティールパン入り。

14. Staples Singers / Solan Bushi (1970)
パービス・ステイプルズ参加の最後のアルバムより。なんとソーラン節でアレンジもパービス。こりゃ面白い。アルバム・プロデュースはスティーヴ・クロッパー

●プレゼント・レコード
15. Beach Boys / I Know There's an Answer (1966)
大名盤『ペット・サウンズ』が今回のプレゼントレコード。30年くらい前の日本盤。再生するのが案外難しいレコードですね。’76年当時『15 Big One』がリリースされブライアン・ウィルソン復活なんて言われたけど、全然まだまだ。ちなみに私が最初にビーチ・ボーイズを聴いたのも'76年頃で、図書館で借りた二枚組ライブ『イン・コンサート』ブロンディ・チャンプリンとリッキー・ファッター入りでした。

●今日のカバー曲&ソウル玉2軍から
16. Judas Preist / Green Manalishi (1979)
ソウル玉の裏のレコード棚から選んだ12インチ。ダニー・カーワン追悼も兼ねて。45回転の12インチ、素晴らしい音圧です。

●異国から
17. Exile One / Eldorado Main Road (1976)
日本盤で出たのは1977年。これも図書館より。とにかくこのギターのカッティングが好きで好きで。小アンティル諸島ドミニカのバンド。

●〆の一曲
18. Sammy Walker / Brown Eyed Georgia Darlin' (1976)
今回は1976年で〆。私が弾き語りの歌手をプロデュースする時は少なからずサミー・ウォーカーのこのアルバムを頭の片隅に入れているかも知れません。

*休憩の10インチは The Three Suns / Three Suns Highlight のA面。

次回の9月15日は私が初めてコンサートに行った1977年です。’76年からの話の続きも少なく無いと思います。

9/15@阿佐ヶ谷ソウル玉トウキョウ
20:00〜
チャージ 500円


15:30:07 | skri | No comments | TrackBacks

30 May

桜井芳樹のレコード千夜一夜 第一夜 - 1975


 阿佐ヶ谷ソウル玉Tokyoの店主、矢野間健さんの協力のもとにイベントを企画いたしました。題して「桜井芳樹のレコード千夜一夜」。DJでは無く、私がレコードをかけながら、あることないことを喋るというものです。

第1回目は5月31日。

第一夜のテーマは1975年。と言っても'75年の音源ばかりかける訳ではありません。私が自分の意志で洋楽を聴き始めたのは、1974年ですが、様々な理由により本格的にのめり込んだのは1975年なのです。ですから、私がその頃に出会った音楽にまつわるそれ以前やその後に出会った重要なものや興味深いもの等を聴いていただきます。

そして、そのテーマに沿った様々なコーナーも考えております。御来場者の1名様にレコードを差し上げるというプレゼントもあり。(ご希望者が複数いる場合は、まあジャンケンとか、または私に一杯奢ってくれても構いません。)

テーブルチャージは500円。20:00からです。
souldama.com

イベントが軌道に乗ったらゲストも考えております。
まずは第1回、皆様のお越しをお待ちしております。


13:53:29 | skri | No comments | TrackBacks

03 December

Kirk


 この間のホープ&マッカラーズのライヴの時、関島さんと高岡くんがローランド・カークの映画公開の話をしていた。カークフリークの高岡君によると、結構珍しい映像らしい。私も是非観たいと思ったのだが、何と12月2日の1日のみの公開。残念。既にスケジュールは埋っていた。

 カークは私も大好きで所有するジャズメンのアルバムとしては、レコードとCD合わせると10枚は優に越える。枚数で言えばマイルス、ミンガスの次くらいだ。(ミンガスのうち2枚くらいはカーク参加だが)

 盲目のあげく奏法の無理もあったか、体を壊し、晩年はその体に合わせ楽器も改造し、録音を残している。これがまた素晴らしい。

 とりとめが無いが、一つ思い出を。
 20代半ばからやっていたミスタークリスマスというバンド(元ヴィブラストーン今は面影ラッキーホールの横銭ユージds、COLDFEETや他にも大活躍のWatusi、栗コーダーのおなじみ川口義之、最近会ってないけどスピッツのサポートはやってるのかな、の久慈ひろこ。凄腕ベーシスト岡ゆうぞう。ベースもファンキーだがパーカッションの仕事も多い管逸朗。サンセッツやハイポジやっていたピノアキラ、そしてエマーソン北村、故篠田昌已、関島岳郎、ヨーカン。等等の人材)が空中分解し、いろいろ誘われてギタリストの仕事を得た訳です。

 とは言うものも、何でも弾ける訳ではなく、現場では苦労したことも少なく無いし、肉体的運動的に左手の指は早くは動きません。これはギターを弾き始めた時から、眼中に無かったので訓練もしていないのです。

 30歳をちょっと過ぎたそんなころ、バンドネオンの小松亮太君のバンドに参加しました。音符の多い真っ黒い譜面が送られて来て、練習して本番に臨むのですが、バンドネオンやバイオリン、ピアノとハモったり、ユニゾンのフレーズが多いのです。そして本番になると高揚するのでテンポが撒かれる場面も多々ありました。私の早く弾ける限界を超えていたのですが、ハンマリングやプリングで乗り切りつつ、駄目だった場面も少なくは無かったと思います。

 そんな小松亮太君のツアー、多分二回目の静岡だったと思います。本番終わって、なんとかやれやれ乗り切ったかな、と楽屋で片付けていたら、一人の車椅子の初老のご夫人が尋ねてきました。「ギターの方はどなた?」を言われたので、私は挨拶をしに行ったのですが、彼女は車椅子のみならず全盲でした。「あなたの音がとっても良かったの、握手して下さる?」

 時折このことを思い出し、精進する日々なのです。


02:10:00 | skri | No comments | TrackBacks

20 December

ロンサム・ストリングス、ダウンロード配信のお知らせ


 ロンサム・ストリングスのニューアルバム『ロンサム・ストリングスの映画音楽』のリリースを記念して、これまでミディから発売されたロンサム・ストリングスのアルバム7タイトルのダウンロード配信がスタートしました。また、ロンサム・ストリングスが中村まりをボーカルに迎えて制作したアルバム2タイトルも同時に配信されます。

【配信アルバム一覧】
LONESOME STRINGS
『vol.1 new high lonesome sound』2000年
『vol.2 new lost city ramblers』2003年
『CANDELA』2006年
『BLOSSOM』2009年
『Some Happy Day LIVE PERFORMANCE ARCHIVES Vol.1(2004-2009)』2009年
『Document 20110909 Live Performance Archives vol.2』2015年
『ロンサムストリングスの映画音楽』2016年

LONESOME STRINGS and Mari Nakamura
『Folklore Session』2011年
『Afterthoughts』2012年

[配信ストア]
・iTunes Store
・Google Play Music
・music.jp STORE
・oricon
・レコチョク

[配信形態]
ダウンロードのみ

宜しくお願いします。


12:08:00 | skri | No comments | TrackBacks

04 April

Third Ear Band


 
 子供の頃、家にサンスイの家具調ステレオがあったのだが、とにかく、この装置でいろいろな音楽を聴き始めた。そのサンスイが民事再生法か。うむ。

 サンスイの話で思い出した。

 中学生の頃に一時期通っていた理髪店の話。そこは外見は通常のどこにでもある床屋だが、一歩中に入ると、客がいないときはいつも大音量で音楽がかかっている店だった。ステレオセットはかなり忠実していて、メーカーは覚えていないが、プリアンプ、メインアンプ、チューナーとすべてがセパレートされたセットだったのだ。そしてスピーカーは録音スタジオのラージモニターよろしく鏡面壁の上の天井付近に埋め込まれるようにセットされていた。他のお客さんがいるときはFMを流していたが、私一人の時はよくレコードを掛けてくれた。私としては、市立図書館でレコードを片っ端から借りまくっているときで、これと言って自分の好みが確立された時期ではないのだが、なんとなく、泥臭いものやブルースを感じるものが好きになり始めていた頃だったかもしれない。

 いつしか、店主と音楽の話をしたことがあったかは定かではないが、これ最近気に入っているんだ、といつも違うレコードをかけてくれた。理髪台は三つならんで設置されているが、真ん中がちょうど、LRスピーカーのセンターに位置するので、そこに座らされる。

 最初はクラフトワークのアウトバーン、だったと思う。私はピンと来なかったが、髪の毛を切られながら聴くのは悪くはないとも思ったし、髭なんかまだ生えちゃいないが、顔に刃をあてられ、蒸しタオルで椅子を倒して聴いているとなかなかに心地良い。

 その後、ジェネシスやタンジェリンドリームもかけてくれた。店主は何となく感想を求めてきたが、気の聞いた事は返せなかったと思う。

 その後、しばらくして店を訪れると、これは気に入ると思うよ、と言って、サードイヤーバンドをかけた。どうやら彼は私がアコースティックな音が好きなのでは、と察知したのだろう。が、当時の私がピンと来たかどうかは記憶に無いし、ついさっきYoutubeで見つけるまですっかり忘れていたのだが、バンド名とこのジャケットは忘れてはいなかった。

 ただ、音楽の趣味は別にして、ここはとても音が良かった記憶がある。というか、そんなに本格的なオーディオなんてそれまで聴いていなかったのだ。だから、ここで音を聞くのがとにかく好きだった。

 レコードの感想はまともに返事出来なかったが、音が良い旨と伝えたら、とても喜んでくれた。けれども、好きなレコード持って来なよ、とは言われなかった。

 
 

03:18:07 | skri | No comments | TrackBacks